パビリオンホーム パビリオン入荷情報 倉林の情報 園芸教室 農場オリジナル パビリオンホーム フラプレ連動
ホーム > オンラインショッピング >もくじ> お花の取り扱い説明書フラプレ連動)
フラプレtitle
★赤恊A物園インターネットショッピングページへはこちらからどうぞ★
赤恊A物園ショッピングトップ
三重カナメのお手入れ方法
フラプレ 三重カナメ 特 徴
 赤塚植物園が15年の歳月をかけ、従来の洋種ベニカナメの中から優良選抜を重ねて生まれたのが「三重カナメ」です。「三重カナメ」は、耐病性、強健さに優れ、新芽の鮮やかな小さな葉が美しい品種です。その中でもさらに選抜され、新芽の色が鮮やかな真紅色で、小さな葉が揃った最優良品種が「スカーレットパール」です。カナメはその強健さから、住宅の垣根に、庭園樹木としてスタンダード造りに、また公園や道路の緑地帯樹木にと幅広く植えられています。

育て方 
 生垣にする場合は、日当たりの良い場所を選び、植える場所をよく耕し、腐葉土や完熟堆肥、ピートモスなどを混ぜて水はけを良くします。そこに30〜40a間隔で植え付けて、倒れないように支柱をします。非常に成育が早いので、多少間隔が広くても大丈夫です。

水やり
 梱包の際、植物は乾燥気味の状態ですので、届いた時に一度水をたっぷり与えて下さい。また、植えた直後にもたっぷりと与えます。この時にパイロゲン2000倍希釈液を与えておくと活着が良くなります。その後は、ほとんど必要ありませんが、乾燥した日が続く場合は水を与えます。

剪 定
 生垣として植えた場合、最も大切な管理は剪定です。カナメは成長が早いので、すぐに大きくなり、また剪定しないとあまり小枝が出ません。高さは普通1.5m位で調整し横幅は60a位で刈り込みます。  剪定は最低年2回必要で1回目を5〜6月頃に、2回目は9〜10月頃です。いずれも新芽の紅色が緑に変わったら剪定を行います。

肥 料
 剪定後、枝を沢山出させたい場合、また鮮明な紅色を楽しむには肥料が必要です。
主として、秋と春先の新芽が出る前に、株元に粒状の緩効性化成肥料を与えます。

病害虫
 耐病性は強いのですが、褐色の斑点が出る場合があります。春の3〜4月頃と、秋の9月頃に殺菌剤で消毒をしておくと安心です。
害虫は、春から夏にかけて毛虫がつくことがあります。虫を見つけたら、スプレー式の園芸殺虫剤で防除するのが簡単です。また、通年、浸透移行性の殺虫粒剤を株元にまいておくと害虫がつきにくくなります。
ご購入はこちら

赤塚ショッピング 庭木

[ 特定商取引法に基づく表記 | 会社概要 ]
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.