株式会社 赤塚植物園が提供するインタネット通信販売(通販)、赤塚ショッピングのトップページです。
赤塚植物園TOPページ赤塚ショッピング TOPページ>我が家の財産!アスパラガス大株苗

アスパラガス

このページの商品は、Flower Shop 花の音 (フラワーショップ 花の音)に引っ越しました。
アスパラガス苗の掲載ページへは、3秒後に自動で移動しますが、自動遷移しない場合やお急ぎの場合は、《アスパラガス苗》をクリックして移動してください。

 アスパラガスは、一度植えたら我が家の財産!
 アスパラガスは、宿根性の植物で通常ですと、春から9月上旬にかけて株元から出す芽を収穫し料理に利用します。宿根性のため、冬は、地上部が枯れてしまいますが、毎年新芽を出し、年々と株が大きくなります。また、株が大きくなるに従って収量もどんどんと増え質も良くなっていきます。そのため、路地で長期にわたり栽培されたアスパラガスは「財産」とも言われます。
 植え付け時期は、根が休眠している冬季が理想です。大株の場合、12月〜1月に植えつけて翌春から収穫ができます。植え付け初年度のみ収穫は7月中旬までとし翌年に余力を残してあげます。
 アスパラガス、『ウェルカム』は、特に他のアスパラガスと比べると収量が多く、病気に強い特徴があります。巨大株で、植え付け後、最初の春から7月上旬までに数回の収穫ができ、一株あたり15〜25本のアスパラガスの収穫が可能です。
 アスパラガスには、アスパラギン酸、ルチン、ポリフェノール、カロチン、ビタミン類など栄養満点で疲労回復、滋養強壮、スタミナ増強などがうたわれます。

 アスパラガス株の植えつけ方、育て方
≪アスパラガス苗を鉢植えで楽しむ≫
 用意するもの
 ・栽培用の培養土
 ・直径30cm以上の鉢
    (理想は、12号以上)
 ・アスパラ苗
 ・堆肥
 鉢の1/3程度を目安に土を入れます。有機系の堆肥を少々混ぜておきましょう。
 袋を開封し、アスパラガスの根を取り出します。古い根や傷んだ根がある場合は、この際に取り除いておきます。また、生育状況に応じ、根の先に青かび様のものが発生することがありますが、特に問題がありませんので、そのまま植えつけます。
 根が大変長いので、写真の様にねじるように根を広げながら配置します。
  まずは、仮植えです。Aで置いた株の根の間にしっかりと土が入るように丁寧に土を入れていきます。
 この際、株の中心にある芽にもCで土をかぶせますので芽の高さが鉢の上限から5cm以上隙間があるようにします。
 芽の上にも土をかぶせます。株の中心が5cmほど土に埋まるように気をつけます。
 植え付け後は、できるだけたっぷりと水を与えます。植物の植え付けにおいて、最初の水は、「導水」と言い、根の間などにもしっかりと土が入るようにする目的があります。 
 収穫は、春から!初年度は、程よく生育した芽から収穫し、7月中旬で収穫をやめます。15本〜25本程度の収穫が見込めます。
 それ以降にあがる芽は、冬に自然に枯れるまでそのまま生育させて翌年のために養生させます。 
 
≪アスパラガス苗を路地植えで楽しむ≫
 よく耕した畑に植えるのが理想です。植え付けする土には、堆肥、鶏糞、油粕を適量(※)か、成分配合済みの油粕を適量(※)すき込んでおきます。
 
 袋を開封し、アスパラガスの根を取り出します。古い根や傷んだ根がある場合は、この際に取り除いておきます。また、生育状況に応じ、根の先に青かび様のものが発生することがありますが、特に問題がありません。
 
 植え付け穴を掘ります。深さは、アスパラガスの株の根が収まる深さより3割増程度が理想です。
 
 植え穴の底に、掘り起こした土を利用して山を作ります。包み込むようにアスパラガスの根を広げて置きます。その際にねの中心にある芽が地面の高さより5cm程度深くなるようにします。 
 
 置いたアスパラガスの根の間にもしっかりと土が入るようにしっかりと土をかけます。芽には5cm程度の土をかぶせます。
 
 植え込んだアスパラガスの上からバケツに3杯程度のたくさんの水を入れます。水がひくのを待って、さらに軽く土をかぶせて地面をきれいにならしておきます。 
≪その他の管理について≫
潅水の仕方
 土が、乾いたことを確認したら、鉢の底から流れ出るほどしっかりと潅水します。
 路地植えの場合は、特に潅水の必要はありませんが、夏など乾燥が激しい時期は、様子をみて潅水を行います。
肥料の与え方
 植え付け前に堆肥、鶏糞、油粕などを土に混ぜておくと、甘みの強い美味しいアスパラガスが収穫できますが、一般に市販されている各種配合済み油粕を利用すると手軽に美味しく栽培できます。
 植え付け初年度は、植え付け時の土に適量(※)を混ぜ込みます。5月ごろに化成肥料を適量(※)ばら撒きます。7月ごろには、翌年の株を充実させるため化成肥料を適量(※)株元にばら撒きます。
 翌年3月ごろの発芽前に化成肥料を適量(※)ばら撒きます。
※適量とは、ご使用になる肥料の規定量を言います。
≪毎年収穫できるように≫
 5月ごろを目安に、地中から伸びあがってくる芽(アスパラガス)で太くてしっかりしたものを数本だけ、収穫せずに残しておきましょう。
 残した、数本は、春〜秋にかけてぐんぐんと生育したくさんの葉を展開しながら、光合成をして、さらに次の年のための栄養分をつくって、根に蓄えてくれます。



◆アスパラガス苗の予約会◆
※写真か、品種名をクリックすると商品のご予約ページに移動します。
アスパラガス苗は、植え付け後、初めての初夏から収穫ができて、
その後、毎年収穫ができて、毎年収量が増える!
それは、もう、わが家の生きた財産です。



グリーンアスパラ 裸苗 超特大! グリーンアスパラ 裸苗 特大!
只今、ご予約受付中です 只今、ご予約受付中です
お届け時期:2月上旬以降 お届け時期:2月下旬以降
予約会特価¥2580(税込み・送料別途) 予約会特価¥1380(税込み・送料別途)


ご注意 1.掲載の商品は、すべてご予約受付商品となります。
2.栽培期間中の気候などの原因から、ご予約を頂戴していてもお届けできなくなることがございます。恐れ入りますが、その際は、ご注文者様に、それぞれ、メールやお電話にてお知らせいたします。ご了承くださいませ。
3.お届け予定日やお支払い金額などは、ご注文を頂戴しました後、改めて、「ご利用明細メール」にてお知らせいたします。
4.正式なお届け予定が確定しました時点で、改めて出荷予定日をご案内いたします。
5.ご予約受付期間中でも、ご予約数が、予定数に満たしてしまった場合、受付を終了することがあります。在庫切れの場合は、ショッピングカート内で警告表示されます。

 

■赤塚ショッピング
特定商取引法に基づく表記
お支払いと送料について
会社概要
 
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.