タイタインビカスのページです パビリオンホーム パビリオン入荷情報 倉林の情報 園芸教室 農場オリジナル パビリオンホーム フラプレ連動 タイタンビカスの成長日記です。
ホーム > オンラインショッピング >タイタンビカスの栽培日記 赤塚植物園ショッピングトップ
  
タイタンビカスの販売中ページへのボタンです。
タイタンビカスのご購入は、こちらをクリックして下さい。↑

Japan Flower Selection (ジャパンフラワーセレクション)

当社が、開発いたしましたタイタンビカスは、非常に強い宿根草で、暑さ、寒さに耐え、その生育の旺盛さには目を見張るものがあります。
また、晩春〜秋にかけての日々次々と咲かせるタイタンビカスの花は、数で言えば、シーズン中、200〜300輪。大きさで言えば、15〜25cmととても大輪。
その美しさも非常に見事なものです。
当社では、このタイタンビカスを、2009年、浜名湖ガーデンパークにて開催されましたジャパンフラワーセレクション2009−2010に出展いたしました。
厳正な審査の上、みごと、初夏から秋にかけての花壇の部(夏花壇の部)におきまして
タイタンビカスのブライトレッドが、カラークリエイト特別賞を、タイタンビカスのピーチホワイトが、ブリーディング特別賞を頂戴しました。

このJFSは、毎年、世に登場する非常にたくさんの園芸用植物を新登場品種に限定し、
植え付けを実施、約半年間の定期的な調査記録、観察会と2回の審査会を経て選定されます。
日本で開催される植物審査会としては、もっとも厳しいものとして信頼を得ている審査会です。

タイタンビカスは毎年咲くとってもきれいな宿根草です。

株式会社 赤塚植物園が、独自に開発した植物、それが、タイタンビカスです。
花は、直径15cm〜20cmと非常に大きく、一株でシーズン中に、200輪以上の花を毎日次々と咲かせます。
性質は、非常に強健で、寒さに強く、国内であれば、ほぼどこでも戸外で越冬できます
北海道などでも株元に敷き藁などをすれば、まず、枯れてしまうことはありません。
植え付け時期は、9月から翌年の7月までと幅広いですが、9月〜10月に植え付けをして
秋の間に株を太らせると翌年、より大きくたくさんの花を咲かせます。

タイタンビカスの草丈は、路地植えなら、2mほどにまで成長します。
タイタンビカスを鉢植えにすると、12〜15号程度の鉢が必要で
人丈ほどにまで成長します。

以下は、植え付け時期ぎりぎりの、翌年の7月に植えつけたタイタンビカス ブライトレッドを定点で観測したものです。
植え付け後、1ヶ月間の、開花するまでの成長速度、開花時の見事さをご覧下さい。
また、植え付けがぎりぎりであったことを考慮すると、前年の秋から植えつけをするとより立派に成長することになります。

また、タイタンビカスは、現在以下の3色の品種がございます。

タイタンビカス ブライトレッド タイタンビカス ピーチホワイト タイタンビカス ピンク
タイタンビカス ブライトレッド タイタンビカス ピーチホワイト タイタンビカス ピンク

タイタンビカスの販売ページへのボタンです。
タイタンビカスのご購入は、こちらをクリックして下さい。↑


★観察日記★
2009.7.4 / 2009.7.11 / 2009.7/16 / 2009.7.23 / 2009.8.1 / 2009.8.3 初開花 / 2009.8.6 / 2009.8.12 / 2009.8.14 /
2009.8.21 / 2009/9/2 / 2009.9.10 / 2009.9.16 / 2009.11月下旬 / 冬越しの仕方 / タイタンビカスのご購入

@2009年7月4日(土曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け初日
赤塚ショッピング 夏の自由研究 1 赤塚ショッピング 夏の自由研究 1 2009年7月4日(土曜日)撮影
 時期的には少々遅いのですが、本日、ついにタイタンビカスを植え付けました。

 直径48cm×高さ48cmのとても大きな鉢です。
植え付けに使った用土も約30Lを使用しました。植え付け時、株元にはオルトランをしっかりと撒き害虫予防も万全です!
 本日をスタートにこの夏、写真のタイタンビカスを観察していきます。
 うまく成長してお花が見られるといいのですが...
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

A2009年7月11日(土曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け6日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 2 赤塚ショッピング 夏の自由研究 2 2009年7月11日(土曜日)撮影
 先週の土曜日に植え付けをして、一週間が経ちました。植え付け→発根の時間を考えるとこんなものかもしれませんが、一週間で約10cm程の草丈の成長がみられます。また、全体的には、以前と比べると葉が大きくなり、がっしりとした感じがうかがえます。

 左の写真を見ると分かりますが、先端に蕾らしきものが現れました。
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

B2009年7月16日(木曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け11日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 3 赤塚ショッピング 夏の自由研究 3 2009年7月16日(土曜日)撮影
 前回の撮影から5日、天気が良く暑かったせいか驚くほど早い成長がみられたので、急遽、撮影をしました。
 前回から比べれば、約15cmほどの成長がありました。
 また、前回、花芽と思われたものはさらに大きく膨らみ明らかに花芽の体をしてきました。頂点だけでなく脇から出た芽などの先端にもとても小さいながら花芽ができてきており、小さなものを含めるとすでに50を超えるほどの数の花芽ができてきてます。
 植え付けからたった12日でとても成長しました。
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

C2009年7月23日(木曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け18日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 4 赤塚ショッピング 夏の自由研究 4 2009年7月23日(土曜日)撮影
 前回の撮影から一週間。いっきに成長した感じがします。前回から丈でいうならば、約30cmほどで、一日当りなら実に2cmも成長していることになります。
 前回たくさんできた花芽がさらに膨らみそれぞれの節間がひろがっていよいよ樹形が見えてきました。
 植え付けより約20日でなんと植え付け時より55cmも成長しています。
 分枝した枝の先についていた花芽も大きく膨らんできています。
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

D2009年8月1日(土曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け27日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 5 赤塚ショッピング 夏の自由研究 5 2009年8月1日(土曜日)撮影
 前回の撮影から一週間。
ついに!はっきりとした蕾が
現れました!この株を植えつけて、約1ヶ月で最初の蕾です。開花は2〜3日後ですので改めて写真を掲載したいと思います。
 さて、前回からの成長ですが、さらに30cmほど伸びました。この1週間は、ほとんど雨続きで充分な日照を受けていない割には良く成長していると思います。
 最初に立てた支柱はすでに越してしまったので今日1mの支柱を継ぎ足しました。
タイタンビカスがこんな風に咲きました。 タイタンビカスのアップの写真です。 2009年8月3日(月曜日)撮影
 初めてのお花が咲きました!真紅〜濃桃色のハイビスカスのような花です。直径は14cmほどもあります。
 実は、現在、8月4日で撮影日の翌日ですが、すでに最初の1輪は終了し、他に2輪が咲いています。合計3輪の花がさきました。
 
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

E2009年8月6日(木曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け32日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 6 赤塚ショッピング 夏の自由研究 6 2009年8月6日(木曜日)撮影
 前回の撮影から3日、約15cmの成長がみられました。立派な花も咲いています。8月3日の開花スタートからすでに4輪目で、次の蕾も大きく膨らみ始めています。
 これから開花輪数を下に記載していきます。表記の輪数は、8月3日からの累計となります。
8/3より累計輪数 4輪
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

F2009年8月12日(水曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け38日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 7 赤塚ショッピング 夏の自由研究 7 2009年8月12日(水曜日)撮影
 前回撮影から、6日が経ちました。後方にあったラティスを追い越して大きくなったので撤去しました。この週の間には台風9号もやってきましたが元気に生育してくれています。前回から10cm程度の成長がみられます。
 花は前回からさらに6輪が開花しました。間もなく開花予定の蕾が2つあります。
 株上部の花は昨日開花していたものです。
8/3より累計輪数 10輪
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

G2009年8月14日(金曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け40日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 8
赤塚ショッピング 夏の自由研究 8
赤塚ショッピング 夏の自由研究 8
赤塚ショッピング 夏の自由研究 8
2009年8月14日(金曜日)撮影
 前回撮影から、たった2日。今までとは、大きく装いが変わりました。本日開花中の花は8輪。開花予定の蕾が3つもあります。
 ちなみに昨日は4輪咲きましたので、この二日間で合計12輪も開花してしまいました。
 相変わらず花の直径は、20cm近くありますから、全体を見てみるとこれだけたくさんの花が咲くと見事というより他にありません。
 株元の葉が少々黄色くなってきたのが気にかかりますので個々で、追肥をすることにしました。良く使う、白い粒の肥料(ハチパラエース)を軽く2握り程度を施します。
 また、植え付けより一ヶ月以上過ぎたので同時に害虫防除用にオルトランも少々施用しました。
8/3より累計輪数 22輪
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

H2009年8月21日(金曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け47日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 9 赤塚ショッピング 夏の自由研究 9 2009年8月21日(金曜日)撮影
 前回撮影から、ちょうど一週間、毎日の開花数は加速度的に増え、毎日4〜10輪の花が咲いています。
 草丈の生育はまるで時間が止まってしまったかのようにまったく変化がなくなってしまいました。
 前回の撮影から7日間の間に、48輪の花が開花しました。
8/3より累計輪数 70輪
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

I2009年9月2日(水曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け59日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 10 赤塚ショッピング 夏の自由研究 10 2009年9月2日(水曜日)撮影
 しばらくぶりの撮影です。前回の撮影から約2週間が過ぎました。前回撮影の翌日に1輪咲いた後、全ての蕾が開花してしまったのか、まったく花が咲かなくなりました。
 良く、見ると、左の画像の様に、新たに蕾ができ始めています。全体的にかなりの数の蕾ができていますが、残暑の残る間に咲くかどうか?
 植え付けがもっと早ければもっとたくさんの花が咲いていたのでしょう。
8/3より累計輪数 71輪
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

J2009年9月10日(木曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け67日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 11 赤塚ショッピング 夏の自由研究 11 2009年9月10日(木曜日)撮影
 昨日、1輪花が咲きました。前回撮影から約1週間、まったく花が咲かなかったのですが、その間に、次の花芽ができ、だんだんと膨らんできました。現在は、ちょうど、7月16日に撮影した当時の様に全体で50輪を超える蕾ができてきています。
 左の写真をご覧頂くとなんとなくわかるかもしれませんが、真夏に咲いていた花よりも少し色が濃い花になったように思います。気温が下がり、しっかりした、色が出始めたのでしょうか?
8/3より累計輪数 76輪
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

K2009年9月16日(水曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け73日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 12 赤塚ショッピング 夏の自由研究 12 2009年9月16日(水曜日)撮影
 前回撮影から約1週間。先週までとは、打って変って今は、日々、続々と花が開花しています。
 今回の週では、毎日5輪ずつ平均で咲き、今日は、10輪の花をみることができました。
 この期間中で、42輪の開花となります。
 植え付け時期が遅かった分、春に植えたものよりは、総開花輪数は少ないもののついに100輪を超えました。
8/3より累計輪数 118輪
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。

L2009年10月1日(木曜日)撮影
 赤塚植物園の夏の自由研究!!タイタンビカス植え付け98日目
赤塚ショッピング 夏の自由研究 13 赤塚ショッピング 夏の自由研究 13 2009年10月1日(木曜日)撮影
 前回撮影から約2週間。
 相変わらず、次々と花を咲かせています。多い日では、10輪、少ない日で5輪のペースですが、気温が下がってきたせいか、全体的に株に元気がなくなってきました。
 また、花も以前に比べるとかなり小さくなり平均で15cmほどです。
 時期的にはそろそろ開花が終了するころですからここでお礼肥の意味も含めて追肥をたっぷりと行ないました。
 この二週間で総数128輪の花が咲きました。
8/3より累計輪数 246輪
※タイタンビカスの画像をクリックするとスライドショーがご覧いただけます。
M2009年11月下旬
 赤塚植物園の夏の自由研究!!最終日
赤塚ショッピング 夏の自由研究 14 赤塚ショッピング 夏の自由研究 14 2009年11月下旬
 7月4日に植え込んでから約4ヶ月間。非常にたくさんの花を見せてくれました。
 実際なら、春や前年の秋に植え付けをするところながらこんなに遅い時期であったにも関わらずこれほどにも開花しスタッフ一同驚きました。
 さて、11月も終わりに近づくと開花は終わり、葉がカリカリになり、幹と枝だけが残ったさびしい姿になります。(左写真)
 完全に地上部が枯れたら右の写真の様に切り取ってしまいます。

 詳しい方法は



★タイタンビカスが晩冬に枯れた後のお手入れ方法★

タイタンビカスは、暑さ寒さにとても強く、植え付け後は、そのままで毎年たくさんの花を楽しませてくれます。
しかしながら、このタイタンビカスは、宿根草のため、晩冬になると地上部は、枯れ上がり枝だけが残ったさびしい状態になります。
残った枝も、時間の経過ともに乾燥したり、腐敗したりなどして自然になくなっていくのですが、その間の見た目の悪さや病気の原因になるため
枯れてしまったら地上部を切り取ってしまうのが一番の得策です。
そこで、ここでは、鉢植えのタイタンビカスでお勧めの対処方法を以下にご紹介します。

@  夏の間、たくさんの花を咲かせたタイタンビカスは、気温の低下にともない、開花する数が減っていきます。ついには、花が咲かなくなりますが、その後も、しっかりと葉を展開し、光合成をおこなって来年、開花するためのエネルギーを根に蓄えます。その貯蔵の工程も終了すると、地上部は、自然とかれあがり、右の写真のように枝だけが残ったさびしい状態となります。 タイタンビカス 15
A  枝だけになったタイタンビカスは、地上部こそ枯れていますが、地中では、根が生き残っていて春の到来を待ち望んでいます。
 つまり、地上部がなくなっている間も潅水が必要になります。そこで、冬の間、潅水を忘れないよう株元に草花を植えておきます。
 そのためにまず、植え付けがしやすいように枝を落とします。
タイタンビカス 15
B  全ての枝を落としたら、草花を植えつけるためにタイタンビカスの株元に、少し用土を補充します。 タイタンビカス 15
C  土を補充したら、草花を植え付けします。この時点で、タイタンビカスの幹も切り取ってもかまいません。
 選択する草花は、秋〜春にかけてキレイに咲いてくれてタイタンビカスが新芽を吹き始めるころには、枯れてしまうような秋植えの一年草がおすすめです。
 ここでは、パンジー大苗3株とアリッサム混色大苗4株をうえつけました。
タイタンビカス 15
D  最後に、真ん中から突き出た、タイタンビカスの幹を切り取って終了です。
 今回は、写真でタイタンビカスが植わっていることがわかるように20cmほど残して切っていますが、実際には、土の際ぎりぎりできりとっても特に問題はありません。
 植え付け後は、草花用に肥料を追加してあげましょう。

 路地植えなどの場合は、タイタンが植えてある場所が分かるように今回ほど残して切り取る方がいいかもしれません。
タイタンビカス 15

このように、タイタンビカスの株元に草花を植えつけておくと、水や肥料を草花に与えてあげることで自然と下のタイタンビカスにも
与えていることになります。しかも、土中の温度も草花のおかげで保つことができるため一石二鳥で管理ができます。

只今、タイタンビカスは販売中です。
タイタンビカスのご購入は、こちらをクリックして下さい。↑
当社のメールマガジンに登録しませんか?
 ホームページ更新情報やメルマガ登録者だけのお買い得商品の情報。植物の育て方、先行予約会への参加、当社からのギフトのご案内など、季節や時期にあった情報とタイムリーにお送り致します。退会の際もとても簡単ですのでどしどしご登録ください。
 なお、当ホームページで商品をご購入の際は誠に勝手ながら一旦自動でご入会いただくことになりますので予めご了承くださいませ。
  登 録
[ 特定商取引法に基づく表記 | 会社概要 ]
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.