パビリオンホーム パビリオン入荷情報 倉林の情報 園芸教室 農場オリジナル パビリオンホーム フラプレ連動
ホーム > オンラインショッピング >もくじ> お花の取り扱い説明書(フラプレ連動)
フラプレtitle
★赤恊A物園インターネットショッピングページへはこちらからどうぞ★
赤恊A物園ショッピングトップ
ブーゲンビレアのお手入れ方法
フラプレ ブーゲンビレア 特 徴
 南アメリカ原産のつる性熱帯花木で、熱帯ではほぼ一年中花をつけるため至る所に植えられています。日本では周期的に年2〜3回花をつけ、トロピカルムードいっぱいの夏の鉢物として人気を集めています。

場 所 
 春から秋までは屋外の良く日の当たる所が最適です。ただし、盛夏は午前中だけ日が当たる場所を選び、西日を避け温度が高くなりすぎないように注意します。また室内に置く場合は、できるだけ明るい場所が良く、南向きの窓辺が理想的です。暗い室内に置くと、すぐ花が落ちてしまいます。
ブーゲンビレアは耐寒性がないので、冬の間は霜が降りる前に明るい窓辺に取り込みます。

水やり
 乾燥に強いのですが、花の咲いている間は乾かしすぎないように鉢土の表面が乾いてきたら、鉢底から水が出るくらいたっぷりと与えます。受け皿には水を溜めないように、すぐ捨ててください。秋から冬にかけては、水を控えめにし、乾燥気味に保ちます。

肥 料 
 肥料は4〜10月の間は、市販の鉢植え用肥料を1〜2ヶ月に1度など、規定の量を与えるか、液体肥料を規定量、水やり代わりに与えます。肥料は、少なめの方が花付きが良くなります。他の季節は必要ありません。

花後の管理
 ブーゲンビレアは水やりの方法を工夫すると、年に2〜3回花をつけることが出来ます。花が終わったら、花がらを摘み、屋外の日当たりの良い所に置きます。しばらくの間、葉がしおれはじめてから水をやるようにします。この時期は肥料も与えません。3〜4週間もすると小さな花芽がたくさん付いてきますから、徐々に水やりを増やし、肥料も少し与えます。もっと豪華に咲かせたい場合は、花後、各枝を半分程度に切り詰め、新芽を10cm程度伸ばしてから水やりのコントロールを行います。

植え替え
 5〜6月に鉢土を1/3くらい落として、一回り大きい鉢に新しい土で植え替えますが、根が荒くしかも折れやすいので注意して下さい。用土は市販の培養土に赤玉土を1/3程混合し、水はけの良いものを使います。植え替えをあまり好まないので、2年に1度くらいの植え替えで構いません。

[ 特定商取引法に基づく表記 | 会社概要 ]
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.