パビリオンホーム パビリオン入荷情報 倉林の情報 園芸教室 農場オリジナル パビリオンホーム フラプレ連動
ホーム > オンラインショッピング >もくじ> お花の取り扱い説明書フラプレ連動)
フラプレtitle
★赤恊A物園インターネットショッピングページへはこちらからどうぞ★
赤恊A物園ショッピングトップ
デンマークカクタス(シャコバサボテン)のお手入れ方法
フラプレ デンマークカクタス 特 徴
 別名シャコバサボテンと呼ばれる森林性サボテンの一種で、南米のジャングルで木の枝に着生し、上からぶら下がる様に生育するため一風変わったスタイルをしています。シャコバサボテンの中でも、中心となっているのは大輪系のグループがデンマークカクタスと呼ばれているのですが、実はこの名前、当社(株式会社 赤塚植物園)がつけています。1977年当時デンマークで品種改良をされた新しいシャコバサボテンを大量輸入した際、古いタイプとの差別化のため名づけたのが発端となり、今ではとても一般的な呼び名として定着しています。

花 後
 花が終わったら花ガラを摘み取っておきます。最低温度が5℃以上保てる室内の明るい窓辺で4月の中旬頃まで冬越しさせます。水は控え乾かし気味に管理します。

水やり
 4月の下旬から7月いっぱいの生育期は用土の表面が乾いたら鉢底から出るくらいたっぷりと与えます。サボテンなのでいつも湿っていると根ぐされを起こすので必ず乾いてからあたえます。8月からは徐々に水やりを減らしていくとたくさん花が付くようになります。

場 所
 4月下旬〜10月までは屋外で木漏れ日程度のあたる場所に置きます。7〜8月の真夏以外は慣れさせれば直射日光でも大丈夫です。なお、デンマークカクタスの小さな蕾は特に環境の変化に弱いため10月下旬ごろから蕾に気をつけて、もし、蕾が付き始めたら置き場所を移動しないようにします。

肥 料
 4月下旬〜7月末ごろまで液体肥料を(規定量に希釈し)週に一回程度与えます。または、化成の置き肥などを期間中効果があるように施します。

補 足
 10月末から11月中旬ごろに咲いた株の場合、花後、早めに花の付いていた節から1〜2節のところで摘んでおくとシーズン中にもう一度花を咲かせることがあります。

[ 特定商取引法に基づく表記 | 会社概要 ]
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.