パビリオンホーム パビリオン入荷情報 倉林の情報 園芸教室 農場オリジナル パビリオンホーム フラプレ連動
ホーム > オンラインショッピング >もくじ> お花の取り扱い説明書フラプレ連動)
フラプレtitle
★赤恊A物園インターネットショッピングページへはこちらからどうぞ★
赤恊A物園ショッピングトップ
コチョウランミディー(小輪系)のお手入れ方法
フラプレ コチョウラン ミディ 特 徴
 正式にはファレノプシスという学名の洋ランですが、最近では近縁他種との属間交配も出回ってきました。優雅に咲くその花の姿を蝶に見たてて、胡蝶蘭の呼び名で親しまれています。中でもミニタイプミディーコチョウランは、小輪な分、花がたくさん付く上、比較的咲きやすいので、幅広い人気があります。

水やり

 ランの中では乾きに弱いほうなので、極端な乾燥は避けますが、水ゴケが年中湿っていると根腐れしてしまいます。5月〜8月いっぱいまでは用土の表面が乾いたら(指で触って水気が感じられなくなったら)たっぷりと与えますが、空気中の湿度を好むので天気の良い日には、朝に葉水を与えると効果的です。花付きの寄せ植え株は株元を確かめ、それぞれの株の乾き具合を確認して水を与えます。9月に入ったら徐々に水やりを減らして行き、10月から翌年4月までは用土の表面が乾いてから3日後に与えるようにします。特に冬季10℃くらいに下がる所では、月に1〜2回少量の水やり程度で水ゴケは乾燥状態にしておき、霧吹きで葉水を与えるようにします。

場 所 
 花を観賞している間は、室内の明るい所でレースのカーテン越し程度の日光に当てるのが理想的です。5月〜10月までは、屋外の風通しの良い半日陰の所に置きますが、秋の長雨には当てないよう注意します。寒さには弱いので、冬の間は最低15℃以上(出来れば18℃)保てる室内で、昼間はカーテン越しの日光に当てます。但し、暖房機の近くや温風器の風の当たる所は傷むので避けてください。

肥 料 
 5月〜10月まで(8月は休止)ハイポネックスなどの市販の液体肥料を2週間に一度、2000倍にして水やり代わりに与えます。他の季節は必要ありません。

植え替え
 通常2年に一度、5月〜6月に行います。鉢から抜いて、古い植えこみ材料と傷んだ根を取り去り、 新しい素焼き鉢に新しい水ゴケで植えこみます。このとき鉢底に何も入れず、空間を作るようにすると根の生育が良くなります。なお、ポリポットごと寄せ植えしてある鉢は、花が終わった後、必ず一株ずつに取り出して育てます。

その他
 花が終わってきたら花茎を切り取りますが、なるべく早く切ったほうが、株の元気を保てます。この時、花茎の下部3〜4節を残しておくと、残した節から茎が伸び、2〜3ヶ月後にもう一度花が咲くことがあります。また、ミディータイプのコチョウランは大輪系に比べると花が咲きやすいため、コチョウランをはじめて育てる場合オススメです。

[ 特定商取引法に基づく表記 | 会社概要 ]
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.