パビリオンホーム パビリオン入荷情報 倉林の情報 園芸教室 農場オリジナル パビリオンホーム フラプレ連動
ホーム > オンラインショッピング >もくじ> お花の取り扱い説明書フラプレ連動)
フラプレtitle
★赤恊A物園インターネットショッピングページへはこちらからどうぞ★
赤恊A物園ショッピングトップ
ハツユキカズラのお手入れ方法
ハツユキカズラ 特 徴
 日本の山野に自生するテイカカズラの変種で、夏の高温期に白やピンクに美しく色づきます。非常に丈夫で、一度植えつければほとんど放任でも毎年美しい新芽が楽しめます。つる草のわりには成長が遅く、あまり絡みあわないので、フェンスになどには向きませんが、グランドカバーとして地面を覆うように茂らせるとても美しくなります。

場 所
 暑さ、寒さに強く、一年を通して屋外の日当たりの良いところに植えます。半日日陰でも育ちますが、色があまり綺麗になりません。草花類との寄せ植えにも使えますし、また、庭のアプローチや、石垣の上、ちょっとした隙間にまとめて植え込むと大変きれいになります。

水やり
 鉢植えで楽しむ場合、用土の表面が乾いてきたら、鉢底から水が出るくらいたっぷりと与えます。寒さには強いので、冬も乾かし気味にする必要はありません。露地植えなら、植え付け時にたっぷりと水を与え、その後は、よほど乾燥した時以外は必要ありません。

肥 料
 鉢植えで楽しむ場合は、春から夏にかけて2ヶ月に一度、持続性肥料(化成の置き肥など)を鉢土の上に置くか、週に一度程度、液体肥料(規定量で希釈)を水遣り代わりに与えます。露地植えなら春先に緩効性肥料施します。

剪 定
 年に1〜2回刈り込むと密に茂り、良く美しくなります。春の芽だし前と6〜7月頃が適期です。また、ハツユキカズラは、わりと用意に挿し穂ができるので剪定した穂を短く切って数本をまとめて植えてある株の隙間などに挿しておくとうまくいく根付いてより全体が密になります。

植え替え
 鉢植えの場合は、2年に一度くらい植え替えます。生長がとまっている11月ごろが適期です。

[ 特定商取引法に基づく表記 | 会社概要 ]
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.