パビリオンホーム パビリオン入荷情報 倉林の情報 園芸教室 農場オリジナル パビリオンホーム フラプレ連動
ホーム > オンラインショッピング >もくじ> お花の取り扱い説明書フラプレ連動)
フラプレtitle
★赤恊A物園インターネットショッピングページへはこちらからどうぞ★
赤恊A物園ショッピングトップ
カルミアのお手入れ方法
フラプレ カルミア 特 徴
 常緑低木。和名では、アメリカシャクナゲと呼ばれるようにツツジ、シャクナゲの仲間で性質もよく似ています。小さなコンペイ糖のようなつぼみをつけ、パラソルを広げたような可愛い花を咲かせます。耐寒性もあり、丈夫で育てやすい花木です。
 赤塚植物園では、増殖の難しいカルミアをバイオ技術を活用し生産しています。

水やり
 鉢土の表面が乾いてきたら鉢の底から水が出るくらいたっぷりと与えます。

場 所 
 開花時期は4月下旬頃から5月上旬頃です。色づきの良い花を咲かすため、日当たりの良い戸外で直射日光に充分あてて下さい。
庭植えする場合、大きな落葉樹の下のような半日陰か、建物の東側のように西日が避けられる所が最適です。あまり日陰だと徒長したり、花付きが悪くなるので避けましょう。土質は、腐植分の多い酸性の土を好みますが、水はけの悪い所は嫌います。
植え替えは、花が終わってから真夏の暑い時期を避けて行います。9〜10月頃が最適ですが、3〜4月頃も良い時期です。
鉢植えの場合は屋外に置きますが、夏は半日陰の涼しい場所で暑さを避けます。

肥 料 
 元肥はやらず追肥として年2回与えます。(2〜3月/9〜10月)
肥料は、配合肥料(できればリン酸とカリの多いもの)や市販の園芸用遅効性肥料を根元から20〜30a(鉢植えなら縁のほうに)離して与えます。

害 虫
 害虫対策としては、春から夏にかけて1ヶ月に1度、浸透移行性の殺虫粒剤を株元にまいておくと、ほとんどの虫が予防できます。

[ 特定商取引法に基づく表記 | 会社概要 ]
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.