パビリオンホーム パビリオン入荷情報 倉林の情報 園芸教室 農場オリジナル パビリオンホーム フラプレ連動
ホーム > オンラインショッピング >もくじ> お花の取り扱い説明書フラプレ連動)
フラプレtitle
★赤恊A物園インターネットショッピングページへはこちらからどうぞ★
赤恊A物園ショッピングトップ
ポインセチアのお手入れ方法
フラプレ ポインセチア 特 徴
 メキシコ原産の熱帯花木です。赤く色づいた部分ではなく、葉の変化したホウヨウといわれるもので、中心部に黄色い豆粒のようなものが本当の花です。

場 所
 寒さを嫌うので、日光の良くあたる暖かい室内(夜の温度が8℃〜15℃)に置きます。ただし、暖房機の風が直接あたる場所は傷みやすいので、避けてください。

水やり

 面倒でもカゴなどからは出して与えます。鉢土の表面が乾いて白くなり、葉が少し垂れ始めたころに、鉢底から出るくらいたっぷりと与えます。鉢土が乾く前に与えていると、湿りすぎで根ぐされを起こすので、乾くまで真って与えます。肥料は翌年の春まで必要ありません。
なお、底面給水の場合は必要なだけ水を吸い上げてくれるので受け皿の水がなくなる前に足しておけば大丈夫です。

花後の冬越しの仕方
 日の良く当たる暖かい室内で上手に管理すれば、3月近くまで美しい状態で観賞できます。下葉から黄化してきたら徐々に水やりを減らし、乾燥気味にして冬越しさせます。

春からの管理のポイント
・5月に全体を1/3程度に剪定し、一回り大きな鉢に植え替え、
 戸外に出す。
・7月上旬に間引きする。株の中心が込み合うので込み合ったと
 ころをカットする。
・8月20日ごろピンチ(摘芯)をして新芽を出させる。

短日処理
 ポインセチアは短日植物で、日が短くならないと花がつきません。ホウヨウを色づけるためには、9月上旬から60〜90日間、短日処理を行います。毎日、夕方5時ごろから朝8時まで、株にダンボールなどをかぶせ日を遮り、暗くしましょう。照明のついた明るい部屋では冬になっても色づきません。

[ 特定商取引法に基づく表記 | 会社概要 ]
Copyright (C) 2004 AKATSUKA CO., LTD. All Rights Reserved.