スーパーローディー(シャクナゲ)

スーパーローディー(シャクナゲ)

生産場所 : 第一農場

スーパーローディーに関する赤塚植物園での取り組み

愛されるシャクナゲ ローディー

スーパーローディー

シャクナゲは昔から花木の女王と言われ、その気品に溢れた美しさは多くの人々を魅了してきました。日本に自生するシャクナゲはそのほとんどが深山幽谷に育つ高山植物で、下界での栽培は非常に難しく、まさにその名の通り「高嶺の花」といえるものです。
しかし、一般に栽培されているシャクナゲは西洋シャクナゲと呼ばれるもので、世界各地の原種を元に、欧米で品種改良された園芸品種で、日本に自生するシャクナゲに比べ、生長も早く、ずいぶんと作りやすくなっています。さらに、非常に色鮮やかで豪華なものが多く、華やかさは数ある花木(花の咲く庭木)の中でもバラに次ぐものと言えるでしょう。

5月上旬頃に、アメリカ西海岸のオレゴン州、ワシントン州からカナダにかけての地域を訪れてみると、家々の庭先や、公園、ショッピングセンターの駐車場など、あらゆるところで咲き誇るシャクナゲに出会うことができます。
そこでは、シャクナゲは最も愛されている花木として、ローディーの愛称(学名のロードデンドロンを略したもの)で呼ばれています。

シャクナゲ オリジナルローディーの生産

赤塚植物園では、ローディーの愛称で親しまれているこの[西洋シャクナゲ]に注目し、日本中にその美しい花が咲き乱れることを夢見て、導入と普及を試みました。
ところが、1972年より数年にわたってアメリカから大量に苗木を輸入したシャクナゲは、夏の涼しいヨーロッパやアメリカ北西部で育成された品種が多く、栽培こそ開始したものの日本の夏の暑さに弱いため苦労の連続でした。
1981年、失敗と苦労の中から、日本の気候に合うシャクナゲは、日本で育成するしかないと考え、自社でのオリジナル交配を始めました。
タネを蒔いたら、なるべく悪い環境で育て、生き残ったものの中からさらに交配を進める。ロスが多く大変効率の悪い話ですが、[雑草のようにたくましいシャクナゲを作り出す]ためには、この方法が一番です。そんな繰り返しの中から、生まれてきたのがアカツカのオリジナルローディーです。

スーパーローディーの誕生

1981年から始まったオリジナルローディーの育種は、当初、日本に持ち込んだ西洋シャクナゲから数えてすでに4代以上の交配が行われており、比較にならないほど、非常に強く、美しい樹形とたくさんの花を咲かせてくれるようになりました。
そこで、赤塚植物園では、これらのオリジナル品種で非常に強健で美しい品種を総じて「スーパーローディー」と名づけています。 現在、赤塚植物園では、年間10万鉢近くのスーパーローディーを生産しており、全国の園芸専門店様や量販店様を通じたくさんのシャクナゲファンの皆様の元にお届けをしております。

スーパーローディーの育種と選抜

赤塚植物園でのシャクナゲは、3つの大切な評価基準を設けそれに近づくように育種・選抜を行っています。
1.花:イメージを損わずも革新的で美しいと言える特徴があり、花付きが良いもの。
2.葉:形状・大きさがそろい、照り葉であるほうが良い。
3.樹形:できるだけ節間が詰まり、ボリュームがありながらもコンパクトに生育くする(鉢花としても楽しめる)。
一度交配を行うと数千粒の種子が生まれます。それらを一つ一つ丁寧に栽培し、5年近くもの歳月をかけて評価し選抜を行い、勝ち残ったものを新しい品種として世に登場させていきます。

『スーパーローディー ウェディングブーケ』

数あるスーパーローディーの中でも、社内外において特に好評価を頂戴している品種が、写真の「スーパーローディー ウェディングブーケ」です。蕾から開花までの間に鮮やかなピンク色~白へと変化する花色、美しい照り葉、低木ながらしっかりとしたボリューム感があります。
開花時期は3月下旬には開花するものが多く、他のシャクナゲよりも早く咲き始め、毎年注目を集めます。
<<スーパーローディーウェディングブーケ(フラワーショップ・花の音)>>

ページトップ

インターネットでのご購入は、こちらから

ページトップ

スーパーローディー(シャクナゲ)のお手入れ

シャクナゲは、ヒマラヤ、中国、日本、アメリカなど世界各地の原種を交配して作られた花木で、気品にあふれた豪華な花を咲かせます。寒さには強く、日本中ほとんどの地域で栽培できますが、夏の暑さを嫌う性質があります。

植えつけ場所

大きな落葉樹の下のような半日陰か、建物の東側のように午後の日光が避けられる所が最適です。あまり日陰だと徒長して花付きが悪くなるので避けてください。土質は腐植分の多い酸性の土を好みますが、水はけの悪いところは嫌います。

植えつけ時期

9~10月、または3~4月

植えつけ方法

シャクナゲの根は空気を好むので、周囲の土にピートモスや腐葉土をたっぷりと混ぜ込み、盛り土をして高植えにします。水はけの悪い土地では根鉢の下にパーライトを敷きつめると安心です。植え込むときは苗の根鉢を割り箸などでつついて1/3ほど崩し、まわりの土になじむようにしておくのがポイントです。植え込んだ後、株のまわりの土をカルデラ状に盛り上げて水鉢を作り、水をたっぷりと流し込んでおきます。大きな木の場合、倒れないように支柱をしておきましょう。鹿沼土や軽石で栽培されていたものは、そのままでは庭土との相性が悪いので、周囲の土に鹿沼土をたっぷりと混ぜ込んで植えつけると良いでしょう。

スーパーローディー(シャクナゲ)の植えつけ時に気を付けること

肥料

10月と2~3月頃の年2回肥料を与えます。油粕7:過リン酸石灰2:硫酸カリ1(体積比)で混合したものが最適ですが、リン酸とカリの多い配合肥料でもかまいません。

病害虫防除

梅雨時と9月の長雨の頃には葉に病気が出ることがあるので、ダコニールやダイセンなどの殺菌剤を散布して予防します。春から夏にかけて毎月1回オルトラン粒剤を株元にまいておくとほとんどの虫が予防できますが、ハマキムシが付いてしまったら、薬はほとんど効かないので、手で捕殺します。

ページトップ

スーパーローディー(シャクナゲ)を鉢植えで管理する場合のご注意

鉢植えにする場合、用土は鹿沼土6割、パーライト1割、ピートモス3割くらいの混合が適します。小苗を植える場合、1年目はマグァンプKを用土1Lℓ当たり1g混ぜ込んでおくと早く成長します。翌年くらいに庭に植える予定であれば、庭土との相性を考えて赤玉土3、鹿沼土3、パーライト1、ピートモス3くらいの混合が良いでしょう。
水やりは、鉢土が乾いたら与えるようにします。暑い時期に与え過ぎると根腐れを起こしやすいので注意してください。

『独自開発した培養土』

赤塚植物園では、シャクナゲを栽培するための専用の培養土を独自に開発し生産しているすべてのスーパーローディーに使用しています。 酸性を好む植物は、主にツツジ科の植物で、この培養土もシャクナゲをはじめ、サツキ・ツツジ、ブルーベリーなどにも使用できます。
≪ご購入と詳細はこちらから≫

スーパーローディー(シャクナゲ)をインターネットでのご購入するときは、こちらから

ページトップ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • FFCパビリオン情報
  • FIVE STAR FLOWER SHOP
  • おかげさまで、五星認定店に
    選んでいただきました。
  • facebookページへ
  • 園芸専門店 FFCパビリオン
  • お電話でのお問い合わせ・ご注文 059-230-2121 受付時間  10:00~18:00 火曜日定休 ※店舗直通のため、繁忙期はお待たせすることがございます。
  • 赤塚ショッピング情報
  • 通信販売 赤塚ショッピング
  • 赤塚ショッピング メルマガ登録
  • お電話でのお問い合わせ・ご注文 059-230-1234 受付時間  平日 10:00~18:00 ※お電話の際は、交換手に『通販のことで』とお伝え下さい。

私たちは、日本中の元気を応援しています。一日も早い復興を心よりお祈りしています。

赤塚植物園に関する、総合ご案内窓口 059-230-1234 受付時間 平日 9:00~18:00 園芸専門店FFCパビリオンへは059-230-2121 火曜日定休 10:00~18:00

推奨環境
このサイトを快適にご利用いただくために、InternetExplorer 7以上、FireFox最新版、Safari最新版、Chrome最新版を推奨いたします。
Javascriptは必ずONにしてご覧ください。