タイタンビカス

タイタンビカス

生産場所:第一農場

赤塚オリジナル 大型宿根ハイビスカス 4品目 タイタンビカスが優秀賞を受賞 フェンロー国際園芸博覧会「フロリアード2012」で優秀賞を受賞 秋のコンテスト“中庭・屋外の植物部門” オランダで10年に一度開催される 世界の舞台で花開く

タイタンビカスは、路地植えで毎年お花が楽しめます

タイタンビカスは、路地植えで毎年お花が楽しめます

タイタンビカスとは、株式会社 赤塚植物園が開発したまったく新しい植物で、ある特定のアメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種です。 その性質は、驚異的なほどに強健で、日当たりさえ良ければ特に植えつける場所を選びません。特に暑さには非常に強く、強い西日のあたる場所でも大丈夫です。また、宿根性のため、秋には、地上部が枯れてしまいますが、根が地下に残り翌年の春には、また芽を吹いて、初夏には、花を咲かせてくれます。とても強健なので、一度植えつければ、毎年、夏にお花を見せてくれます。

生育は驚異的なほどに旺盛で、春に芽を出した後、晩夏には、大きいときで草丈3mにもなります。花期は、7月から9月の間で、一輪一輪は、一日花ですが、次から次へと開花し、1株でのべ200輪近くの花を咲かせます。しかも、花の大きさは子供の顔(直径15~25cm)ほどもあり、全盛期の真夏には、巨大な花が次々と咲き乱れ、その美しさと存在感に圧倒されてしまうほどです。
この圧倒的な存在感と驚異的な強さ、ハイビスカスのような花姿から『巨神タイタン』にちなんで、『タイタンビカス』と名づけられました。

ページトップ

ジャパン フラワー セレクション 2009-2010 各賞を受賞

タイタンビカスは、2009年に浜松市にて開催されました、ジャパンフラワーセレクションにおきまして、厳正なる審査の結果、ブライトレッドが『カラークリエイト特別賞』、ピーチホワイトが『ブリーディング特別賞』を受賞いたしました。
毎年、数多くの新品種が登場する園芸植物の中で、これまでのイメージとは、一線を画するまったく新しいカテゴリーの植物としてご評価を頂戴しております。

ジャパンフラワーセレクションとは

JAPAN FLOWER SELECTION ジャパンフラワーセレクション受賞 2009-2010

このJFSは、毎年、世に登場する非常にたくさんの園芸用植物を新登場品種に限定し、植え付けを実施、約半年間の定期的な調査記録、観察会と2回の審査会を経て選定されます。日本で開催される植物審査会としては、もっとも厳しいものとして信頼を得ている審査会です。

ページトップ

国際園芸博覧会(フロリアード)で優秀品種に認定!

国際園芸博覧会(フロリアード)で優秀品種に認定!

オランダで開催されました国際園芸博覧会(オランダ政府主催で10年に1度しか開催されない)「フロリアード2012」においてタイタンビカスは、5品種のうち4品種が『フロリアード優秀品種』に認定されました。

ページトップ

植え付けと生育

タイタンビカスの植え付けに適した時期は、9月から始まり、翌年の7月までと非常に長期間ですが、特に7月~10月までの落葉前の株を植えつけ、宿根させると、翌年の夏からの生育が良くとても立派な株へと成長します。

左の株は、1年目、右の株は、2年目のタイタンビカスです。
タイタンビカスは、非常に生育が旺盛ですので、通常は、花壇など路地に植え付けを行います。鉢などで栽培をする場合は、あっという間に根詰まりを起こしてしまうので最初から最低8号(直径24cm)以上の鉢に植え付けをします。2年目以降は、さらに大きな鉢に植え替えをするか路地に下ろします。
理想は、2年目もそのまま楽しめるように40cm以上の鉢を用意すると良いでしょう。

  • 植え付けと生育
  • 植え付けと生育


タイタンビカスの株分け方法(赤塚植物園) 投稿者 akatsuka-v-

ビデオで学ぶ『タイタンビカスの株分け方法』!

タイタンビカスは、春に小さな苗を植え付けると、夏には2m以上にもなるとても成長が早い植物です。
当然、鉢植えでは、1年で根詰まりを起こしてしまいます。路地植えでも、時には大きくなりすぎて困ってしまうこともあるでしょう!
そこで、簡単なタイタンビカスの株分け方法を動画でご紹介ます!

ページトップ

開花期間中は、毎日のように、その姿が変わります

開花期間中は、毎日のように、その姿が変わります

タイタンビカスは、春から夏にかけてぐんぐんと生育し、大きくなっていきます。株が成熟すると、あちらこちらにたくさんの小さな蕾を無数につけ始め開花が始まります。タイタンビカスの開花が始まると一旦、その生育速度は弱まります。

その間に、株全体につけた無数の蕾が、毎日のように開花します。タイタンビカスの花は、一日花で、朝、開花した花は、夕方にはしぼみ、翌日には落ちてしまいますが、さらに、他の蕾が開花するため、右の画像のように、毎日、まるで違う姿を見せてくれます。

全体についた蕾のほとんどが開花してしまうと、一旦、弱まった生育速度は、また、加速し始め、あっという間に大きくなります。そして、株全体には、新たに無数の蕾が付き始め、生育速度が弱まります。そして、新たに開花が始まります。

7月~9月の間にこのような行程が3~5回ほど繰り返されて、一株でのべ200輪以上の花を咲かせます。

ページトップ

切り花にするのも新しい楽しみ方!

切り花にするのも新しい楽しみ方!

タイタンビカスは、宿根草で根がついた状態では、室内では暗すぎて開花しないため花壇や鉢に植えて、戸外でできるだけ明るい場所で管理することが必要です。

ところが、切花にして花瓶にさしてあげると、不思議なことに室内の蛍光灯などの明るさで充分に蕾が開花します。もともとの性質上、一輪、一輪は、一日花で夕方にはしぼんでしまい、翌日には、落ちてしまいますが、タイタンビカスの生育が旺盛な真夏で蕾が多い時期に蕾をたくさんつけた状態で切り取って室内に飾っておけば、毎日、数輪ずつですが、開花し楽しませてくれます。

花瓶に挿す際は、丁寧に『水上げ』を行いましょう。また、茎についている葉は、全体の1/3程度の枚数にまで減らしてあげると長持ちします。

切り花の場合、蕾は成熟しますが、成長はしません。そのため、日数が経つにつれて開花する花が小さくなってしまいます。

※左の写真は、窓のない事務所に飾って3日目のものです。

ページトップ

病害虫対策と肥料について

オルトラン粒剤を使う

タイタンビカスは、ほとんど病気が発生することはありませんが、アブラムシやハマキムシがよく発生してしまいます。その予防として、植え付け時よりオルトランを代表とする『浸透移行性』の園芸薬品を利用しましょう。使用量などは、薬品の取り扱い説明書に準じます。

マグアンプなどの元肥をしっかりと

タイタンビカスは、生育が旺盛で、あっという間に大きく成長します。また、シーズンには次々と大きな花を咲かせるため、とてもたくさんの養分を必要とします。植え付け時には、マグアンプK中粒や大粒など長期間肥効のある元肥を与え、定期的に追肥も施しましょう。

冬の管理とその準備

冬の管理とその準備

タイタンビカスは、宿根性で寒さにも非常に強い植物です。特に寒さの厳しい地域で根が完全に凍結してしまうようなことがなければ、枯れてしまうことは、まずありません。

タイタンビカスは、シーズンの開花が終了したらしっかりとお礼肥を与えておきます。寒さが際立つ11月ごろになると、青々としていた葉が黄色く変色し、幹にみずみずしさが失われ始めます。完全に葉が落ちてしまい①の様になったら、②~③の様に、地上部の枝や幹を切り取ります。この時に、地面から20~30cmほどを残しておくと目印になり冬の間の管理に役立ちます。

株元には、路地植えの場合、寄せ土を、鉢植えの場合は、③の様に新しい土を足しておくと良いでしょう。また、④のように、タイタンビカスの株元に秋~春に楽しめる草花を植えつけておくと、潅水の目安になり、意識しなくても良い冬の管理をすることができます。

春、サクラの花が散るころになると残した地上部や株元から新しい新芽が顔を出し始めます。新芽がたくさん出てきてしまったら元気の良い芽を数本残して切り取っておきます。
また、この時期になったら生育を促すためにしっかりと追肥を施します。

ページトップ

全国の一般のご家庭や公園などで延べ40000株が栽培されています

タイタンビカスが世に登場したのは、2009年のことでした。正式な形で全国への配送や各園芸店舗での販売がスタートしたのは、昨年の2010年の春からのことです。
その人気は、またたく間に全国に広がり、インターネット検索においても2010年の夏の全盛期には、『タイタンビカス』の検索で9000件のヒットが確認され、現在でも2000~3000件(2010年12月調べ)がホームページやブログが検出されます。
タイタンビカスは、赤塚ショッピングでのお届けはもちろん、全国の有名園芸店、ホームセンターなどでも販売されており、2009年~2010年の間で、全国各地に延べ約40000株がお届けされ、たくさんの花を咲かせてくれました。

  • 全国の一般のご家庭や公園などで延べ40000株が栽培されています
  • 全国の一般のご家庭や公園などで延べ40000株が栽培されています
  • 全国の一般のご家庭や公園などで延べ40000株が栽培されています

ページトップ

タイタンビカスがある風景

  • タイタンビカスがある風景
  • タイタンビカスがある風景
  • タイタンビカスがある風景
  • タイタンビカスがある風景
  • タイタンビカスがある風景
  • タイタンビカスがある風景
  • タイタンビカスがある風景
  • タイタンビカスがある風景
  • タイタンビカスがある風景

ページトップ

まだまだ、これからどんどんと新しい品種が登場?!

冒頭でも紹介しましたが、タイタンビカスは、アメリカフヨウとモミジアオイの交配品種を厳しく選抜し登場した新しい品種です。2010年現在で世に登場している数は、たったの3種類(ブライドレッド、ピーチホワイト、ピンク)です。
しかし、赤塚植物園では、今この瞬間にもさらに新しい品種を開発すべく、日夜、交配と選抜を繰り返しています。
新しい品種を作り出すこととは、ただ、キレイな花を咲かせるだけではなく、その樹形の美しさ、強健さ、開花性能、耐病性、耐害虫性などあらゆる部分で、タイタンビカスのコンセプトに見合う性質のものを作り出し、それを育てたお客様が納得できるものでなければなりません。それゆえ、とても厳しい条件で選抜を行っています。近い将来、もっと美しく、もっと素晴らしいタイタンビカスが登場するかもしれません。

▸最新品種のモニター栽培の様子をみてみる

  • まだまだ、これからどんどんと新しい品種が登場?!
  • まだまだ、これからどんどんと新しい品種が登場?!
  • まだまだ、これからどんどんと新しい品種が登場?!
  • まだまだ、これからどんどんと新しい品種が登場?!
  • まだまだ、これからどんどんと新しい品種が登場?!

上の写真の花は、現在のところ条件に見合わず選抜落ちとなっています。現在のところ販売予定はありません。

ページトップ

タイタンビカスの苗は、2種類!路地植えですぐに立派な株を楽しみたいなら2年生株がオススメ!

タイタンビカスの苗は、2種類!路地植えですぐに立派な株を楽しみたいなら2年生株がオススメ!

タイタンビカスの苗は、2種類!路地植えですぐに立派な株を楽しみたいなら2年生株がオススメ!

赤塚植物園がお届けするタイタンビカスの苗は、1年生の3.5号ポットで栽培された苗と2年生の5号ポットで栽培された大苗をご用意しております。

特に、2年生の苗は、しっかりと根が発育している上、株の勢いも非常に強く、植え付け初年度の夏から驚くほどの大きく、実にたくさんの花を咲かせてくれます。
シーズン中には、かなり根が発育するため、鉢での栽培には、向きませんが、路地植えの(花壇や畑に植える)場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。

1年生苗は、ほぼ通年、2年生苗は、4~5月ごろの販売を予定しております。
※晩秋~初春にかけてのお届けの場合、性質上、地上部は剪定し、根株のみのお届けとなります。

インターネットでのご購入は、こちらから

ページトップ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • FFCパビリオン情報
  • FIVE STAR FLOWER SHOP
  • おかげさまで、五星認定店に
    選んでいただきました。
  • facebookページへ
  • 園芸専門店 FFCパビリオン
  • お電話でのお問い合わせ・ご注文 059-230-2121 受付時間  10:00~18:00 火曜日定休 ※店舗直通のため、繁忙期はお待たせすることがございます。
  • 赤塚ショッピング情報
  • 通信販売 赤塚ショッピング
  • 赤塚ショッピング メルマガ登録
  • お電話でのお問い合わせ・ご注文 059-230-1234 受付時間  平日 10:00~18:00 ※お電話の際は、交換手に『通販のことで』とお伝え下さい。

私たちは、日本中の元気を応援しています。一日も早い復興を心よりお祈りしています。

赤塚植物園に関する、総合ご案内窓口 059-230-1234 受付時間 平日 9:00~18:00 園芸専門店FFCパビリオンへは059-230-2121 火曜日定休 10:00~18:00

推奨環境
このサイトを快適にご利用いただくために、InternetExplorer 7以上、FireFox最新版、Safari最新版、Chrome最新版を推奨いたします。
Javascriptは必ずONにしてご覧ください。